物理学専攻教員一覧(サブコース別)
「*」の印がついている教員は、
理学系研究科(修士課程)の大学院生を取りません。


サブコース氏名部局URLE-mail研究内容
A8
安東 正樹
物理学教室
http://granite.phys.s.u-tokyo.ac.jp/ja/
ando@phys.s.u-tokyo.ac.jp
宇宙を見る新しい目として重力波天文学の発展を目指す。岐阜県・神岡の地下サイトで建設が進められている大型低温重力波望遠鏡 KAGRA(かぐら)の建設、および、将来の宇宙重力波望遠鏡DECIGOのための基礎開発研究を推進する。また、それらに用いられる最先端のレーザー干渉計技術を利用した、相対論検証実験や量子光学的手法を用いた精密計測研究も行う。
A8
内山 隆
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/gr/GWPOHP/index.html
uchiyama@icrr.u-tokyo.ac.jp
アインシュタインの一般相対性理論で予言された重力波の検出と重力波天文学の創設。
A8
大内正己
宇宙線研究所
http://cos.icrr.u-tokyo.ac.jp/index.html
ouchims_at_icrr.u-tokyo.ac.jp
宇宙史初期を観測的に探る研究を行っている。すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡(また今後はALMA)といった最先端の観測装置を駆使し、未だ人類がほとんど目にしたことのない過去の宇宙に挑戦している。具体的には、初期の銀河形成およびこれと密接に関連する宇宙再電離の物理過程を明らかにすることが目標である。
A8
大橋正健
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/gr/GWPOHP/index.html
ohashi@icrr.u-tokyo.ac.jp
LIGOによる連星ブラックホール合体イベントからの重力波検出で、ついに重力波天文学が開始された。次は、中性子連星が合体してブラックホールとなる過程で発生する重力波を、神岡で建設中の大型低温重力波望遠鏡KAGRAでとらえたい。

A8
奥村公宏
宇宙線研究所
http://www-rccn.icrr.u-tokyo.ac.jp/
okumura(atmark)icrr.u-tokyo.ac.jp
スーパーカミオカンデ実験、T2K実験に参加し、ニュートリノの研究をしています。大気ニュートリノや加速器ニュートリノを用いたニュートリノ振動の詳細に測定することにより、レプトンにおけるCP対称性や質量階層性など未解決の問題に取り組んでいます。また、将来計画であるハイパーカミオカンデ・プロジェクトにも参加しています。大気ニュートリノにおいては、フラックス測定を通じて宇宙線に関連した研究も行っています。今後は新しい実験装置の開発にも取り組む予定です。

A8
梶田隆章
宇宙線研究所
http://www-rccn.icrr.u-tokyo.ac.jp/kajita/index.html
kajita@icrr.u-tokyo.ac.jp
重力波の世界初観測に向けた観測研究を行う。神岡の地下に一辺3kmの巨大なレーザー干渉計を建設中であり、この装置で重力波の観測を行う。
スーパーカミオカンデをもちいて大気ニュートリノを観測し、ニュートリノ振動研究を行う。
 
A8
岸本康宏
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/index.html
kisimoto@km.icrr.u-tokyo.ac.jp
暗黒物質,ニュートリノを中心に研究を行っています

液体キセノンを用いた大型でユニークな実験装置,XMASSを神岡に建設し,それを用いて暗黒物質探索実験を開始しました.

スーパーカミオカンデを改造し,超新星ニュートリノバーストを検出する計画を進めています.

どちらの実験も面白いと同時に挑戦的な実験です.その挑戦的課題に挑むべく,現在,そして将来の実験のために装置の改良や開発も積極的に行います

A8
日下 暁人
物理学教室

akusaka@phys.s.u-tokyo.ac.jp
宇宙背景放射の観測を通じた宇宙物理学。
初期宇宙の探索により、インフレーション宇宙論の検証と重力場の量子ゆらぎの検出を目指す。
宇宙進化の観測により、宇宙の暗黒成分(暗黒エネルギー、暗黒物質、暗黒放射、ニュートリノ)の正体を探る。
装置開発やデータ解析を駆使した実験物理学的アプローチで、宇宙の素顔に迫る。

A8
佐川宏行
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~hsagawa/index.html
hsagawa@icrr.u-tokyo.ac.jp
10の20乗電子ボルト以上の超高エネルギーの宇宙線が、AGASAで観測されている。この最高エネルギー宇宙線の存在を確実に検証し、その起源を解明するために、米国ユタ州において約700km^2の地表粒子検出器アレイと大気蛍光望遠鏡(Telescope Array [TA] 実験装置)を建設し、2007年に完成し、2008年3月より全面定常稼働している。このデータをもとに極高エネルギー宇宙線のエネルギースペクトル、到来方向、質量組成の研究を行う。
A8
佐々木真人
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~ashra/index.html
sasakim(at)icrr.u-tokyo.ac.jp
広角高精度の複眼光学望遠鏡をハワイ島マウナロア山腹に置き、夜空や地球に向けて突発天体からの閃光、超高エネルギーのガンマ線、核子、ニュートリノを観測するAshra-1を行っている。さらにスケールアップした複眼光学望遠鏡をハワイ島の1辺25kmの三角形の頂点と中心の4地点に配備して同時に観測する世界最大規模の宇宙タウニュートリノ望遠鏡Ashra Neutrino Telescope Array (Ashra NTA)を計画している。PeV-EeVニュートリノとTeV-PeVガンマ線を用い、未知の天体明快な位置同定できる本格的な粒子天文学を開始しようとしている。
A8
塩澤眞人
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~masato/
masato@suketto.icrr.u-tokyo.ac.jp
素粒子の大統一理論の検証のために、陽子崩壊の探索やニュートリノ実験を行っている。陽子崩壊は大統一理論が予言するレプトンとクオークの間の遷移の結果起こるもので、加速器では到達できない超高エネルギーでの物理の直接検証をおこなうものである。またニュートリノの質量や混合の精密測定により、素粒子大統一の解明を目指す。スーパーカミオカンデ実験、K2K、T2K長基線ニュートリノ実験等。現在プロジェクトリーダーとして次世代実験ハイパーカミオカンデの実現を目指している。
A8
関谷洋之
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~sekiya/
sekiya@icrr.u-tokyo.ac.jp
宇宙にはニュートリノや暗黒物質が満ちており、宇宙の始まりから、現在・未来に至るまで、それらが決定的な役割を果たしていると考えられます。宇宙の成り立ちや仕組みを解明することを目指し、それらの宇宙素粒子を主な研究テーマとしています。実験的研究をするには、新しいデータ、新しい結果を得ることが必須ですが、規模の大小や場面を問わず、現実にある検出器を最大限生かすことと、他の誰も持っていない検出器を作り出すこと、の2つが常に求められます。現在、Super-Kamiokande, EGADS, XMASSといった検出器が使用できます。

A8
高橋忠幸
宇宙航空研究開発機構
http://www.astro.isas.jaxa.jp/~takahasi/
takahasi@astro.isas.jaxa.jp
「すざく」衛星など科学衛星を用いた宇宙X線、ガンマ線の観測を通じた宇宙の高エネルギー現象の研究。特に、活動銀河核ジェット、超新星残骸での粒子加速に伴う現象、巨大ブラックホールの近傍でのX線、ガンマ線放射の研究。次期X線天文衛星ASTRO-Hの推進。将来衛星計画のために、半導体技術、VLSI技術を駆使した新しいガンマ線検出器の開発、および気球・ロケット実験などを通じた実証実験。Swift衛星、Fermi衛星など、広範囲な国際共同実験プロジェクト。
A8
瀧田正人
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/em/index-j.html
takita@icrr.u-tokyo.ac.jp
中国自治区チベットの首都ラサ近郊にある羊八井高原で3.7万平方メートルの空気シャワーアレイ観測装置を設置し、活動銀河核、超新星残骸やGRB等からのTeV領域の高エネルギーガンマ線点源観測、長年の謎であるknee領域の一次宇宙線の化学組成や宇宙線の起源とその加速機構の解明に向けた研究を行っている。一人でコツコツやるタイプよりも、建設時にはちょっぴり土方のような仕事もやり、皆とがやがや議論しながら研究を進めていくのが好きな方に向いていると思います。通常は宇宙線研究所でデータ解析や測定器の開発をしております。
A8
手嶋政廣
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~mteshima/
mteshima@icrr.u-tokyo.ac.jp
高エネルギーガンマ線天文学
(1) 超新星残骸、活動銀河核、ガンマ線バースト等の天体における粒子加速、ガンマ線放射機構の研究
(2) 暗黒物質対消滅からの宇宙ガンマ線探索
(3) 宇宙空間でのガンマ線吸収から赤外可視領域背景放射の研究
(4) 次世代大型チェレンコフ望遠鏡アレイの準備研究

A8
中川貴雄
宇宙航空研究開発機構
http://www.ir.isas.jaxa.jp/~nakagawa/research/index.html
nakagawa@ir.isas.jaxa.jp
赤外線による天体観測、特にスペースから赤外線観測を主な手段として、様々な天体の起源と進化を探ることに取り組んでいる。具体的には、(1)銀河の誕生と
進化、(2)星・惑星系の形成を解明することを目的としている。2006年打上げの赤外線天文衛星「あかり」の観測データを中心として、「すばる」等の地上観測、ロケット実験による観測などを併用している。また上
記目的を達成するために、次世代赤外線天文衛星SPICAをターゲットにして、ユニークな観測機器の開発にも力を注いでいる。
A8
中澤知洋
物理学教室
http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp
nakazawa.at.phys.s.u-tokyo.ac.jp
宇宙では、地上では実現し得ない、大規模で極限の高エネルギー現象が起きている。我々は自ら開発したX線・ガンマ線の観測装置を人工衛星に搭載し、ブラックホールや銀河団等の高エネルギー天体を観測することで、宇宙の天体進化を支配する物理を探っている。現在は軌道上の1ヶ月弱稼働した「ひとみ」衛星のデータ解析を進めると同時に次世代検出器の検討を進めている。研究活動では理研のMAXIグループ及びJAXA宇宙科学研究所と協力している。本年度より馬場・中澤研として運営し、中澤は直接学生を取らないため馬場先生を志望すること。
A8
中畑雅行
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/%7Enakahata
nakahata@suketto.icrr.u-tokyo.ac.jp
スーパーカミオカンデを用いて、ニュートリノの研究を行っている。特に、超新星爆発からのニュートリノ、太陽で発生するニュートリノの観測を行っている。これらの観測によって、ニュートリノを用いた「素粒子研究」を行うとともに、ニュートリノを手段とした天文学も行っている。
A8
早戸良成
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~hayato
hayato@icrr.u-tokyo.ac.jp
ニュートリノを用いた物理
1)(特に加速器を用いた)ニュートリノ振動実験
2)ニュートリノ核子散乱実験とそのシミュレーション
3)実験用データ収集システムの設計、構築

A8
馬場 彩
物理学教室
http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp/

宇宙は冷たく空っぽの静かな世界に見えるが、実は熱く激しい天体現象が普遍的に存在することが分かってきた。我々はこれら超新星残骸やブラックホールといった激動天体からのX線・ガンマ線を、地上や宇宙空間の望遠鏡で観測し、宇宙の力学的進化・化学的進化を探っている。2016年に打ち上げた宇宙X線衛星「ひとみ」は残念ながら運用停止したものの遺されたデータの解析を全力で行うとともに、「ひとみ」代替機、その先の宇宙高エネルギー衛星「FORCE」などの開発、超高エネルギーガンマ線望遠鏡CTAの開発などを行っている。

A8
満田和久
宇宙航空研究開発機構
http://www.astro.isas.jaxa.jp/~mitsuda/labo/
mitsuda@astro.isas.jaxa.jp
宇宙物理学の実験的観測的研究.本研究室は宇宙がなぜかくあるかを,宇宙の構造形成の研究を縦糸に極低温観測技術を横糸に理解することを大きな目的とする.ASTRO-H衛星搭載SXS検出器の開発の中心メンバーであると同時に,インフレーション宇宙の実証をめざすLiteBIRD計画に参加.欧州の大型計画Athenaへの日本の参加を主導している.Athena以降をめざした極低温センサーの研究開発も行う.
A8
三代木伸二
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/gr/GWPOHP/index.html
miyoki_@_icrr.u-tokyo.ac.jp
一般相対性理論の予測する重力波現象の直接観測を目指している。20年余にわたるレーザー干渉計型重力波望遠鏡による極小変位計測技術の開発を経て、現在、最終形であるKAGRA重力波望遠鏡を建設している。KAGRAの目標感度を達成し、国際的な重力波観測ネットワークの一員として重力波の直接検出を行い、重力波天文学を創生したい。また、重力波検出装置の開発過程で得られた極限的精密長さ計測技術を応用し、レーザー干渉計を構成する鏡のような巨視的物体の量子力学的振る舞いの直接観測も目指している。
A8
森山茂栄
宇宙線研究所
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/index_j.html
moriyama@icrr.u-tokyo.ac.jp
XMASS実験による宇宙暗黒物質探索実験と、スーパーカミオカンデを用いた大気ニュートリノの観測や検出器の較正に関わる研究を行っています。
宇宙を構成する物質の80%は未知の物質であり、その正体の解明は現代物理学の最重要テーマの一つです。このため液体キセノンを用いた XMASS実験を推進し、今後装置の高感度化を経て性質の解明に至る研究を進めたいと考えています。
スーパーカミオカンデでは、ニュートリノ振動を詳しく調べる研究を進めたいと考えています。夢はニュートリノの性質(粒子と反粒子の同等性)の解明です。

A8
山崎典子
宇宙航空研究開発機構
http://www.astro.isas.jaxa.jp/~yamasaki/index-j.html
yamasaki _at_ astro.isas.jaxa.jp
高エネルギー宇宙物理学:主に人工衛星を用いた宇宙X線の観測、実験的研究を行っている。主な研究テーマは銀河に付随する高温ガス、銀河間物質や銀河団内部での高エネルギー現象など、構造形成のような宇宙の力学進化と化学進化の観測的研究。「すざく」「ひとみ」衛星による高温プラズマの観測を中心に、Athena, DIOSなどでの、超精密分光観測 の実現に取り組んでいる。またさらに将来の衛星搭載をめざした超精密分光能検出器(TESカロリメータおよび非抵抗型カロリメータ)の開発を行なっている。
A8
山本智
物理学教室
http://www.resceu.s.u-tokyo.ac.jp/%7Esubmm/Welcome.html
yamamoto@phys.s.u-tokyo.ac.jp
電波、特にサブミリ波を用いて、星形成、分子雲形成、および銀河系の構造について観測的研究を進めている。そのために、富士山頂サブミリ波望遠鏡、18 cm可搬型サブミリ波望遠鏡の開発運用を行うとともに、国立天文台が推進する望遠鏡計画に参加している。特に、中性炭素原子が放つ波長0.6 mmのスペクトル線に着目して、星形成、分子雲形成の理解に新しい角度からアプローチしている。同時に、新しい星間物質を検出する目的で、実験室における分子スペクトルの研究も行っている。
A8
吉越貴紀
宇宙線研究所
http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/~tyoshiko/index-j.html
tyoshiko@icrr.u-tokyo.ac.jp
超高エネルギーガンマ線を放出する天体を解像型大気チェレンコフ望遠鏡アレイを用いて観測し、宇宙で最もエネルギースケールの大きい天体活動の物理を調べる。超新星残骸、パルサー風星雲等の観測から、「宇宙線起源の謎」を解明する。また、次世代大気チェレンコフ望遠鏡のR&Dも行っている。

「*」の印がついている教員は、
理学系研究科(修士課程)の大学院生を取りません。