物理学専攻教員一覧(研究内容)

「*」の印がついている教員は、
理学系研究科(修士課程)の大学院生を取りません。


「#」の印がついている教員は、
理学系研究科(博士課程)の大学院生を取りません。


「!」の印がついている教員は、
特記事項があります。


氏名部局専攻分野E-mail研究内容
相原博昭 物理学教室 高エネルギー物理学 aihara@phys.s.u-tokyo.ac.jp 高エネルギー素粒子実験を専門としている.:高エネルギー加速器研究機構(KEK)のスーパーBファクトリー(SuperKEKB)を使った粒子・反粒子非対称性(CP非保存)や,B中間子やタウレプトンの稀崩壊の測定をもとに,素粒子の標準理論を越える新しい素粒子物理法則を探索している.
J-PARCの大強度陽子加速器で発生させたニュートリノビームを使ってニュートリノの性質の精密測定を行っている.さらに,すばる望遠鏡を使ったダークエネルギーの研究も推進している.
浅井祥仁 物理学教室 素粒子物理学実験 Shoji.Asai@cern.ch (1)世界最高エネルギー・LHC加速器を用いたアトラス実験において、標準理論を超えた新しい素粒子物理学を切り拓く研究:物質の質量の起源を担うヒッグス粒子の発見や、超対称性粒子の発見に向けた研究を行っている。ATLASグループの超対称性研究の責任者
(2)ポジトロニウムなどを用いた非加速器、小実験を通して、QEDの精密検証やAxionやDark Enegyなど新しい素粒子現象の探索を行う。
安東 正樹 物理学教室 重力波物理学・相対論実験 ando@phys.s.u-tokyo.ac.jp 宇宙を見る新しい目として重力波天文学の発展を目指す。岐阜県・神岡の地下サイトで建設が進められている大型低温重力波望遠鏡 KAGRA(かぐら)の建設、および、将来の宇宙重力波望遠鏡DECIGOのための基礎開発研究を推進する。また、それらに用いられる最先端のレーザー干渉計技術を利用した、相対論検証実験や量子光学的手法を用いた精密計測研究も行う。
井手口拓郎 物理学教室 光科学 ideguchi@phys.s.u-tokyo.ac.jp 先端レーザー光源を用いた光科学。特に、光周波数コムなどの超短パルスレーザーを駆使した超高速分光計測や、顕微イメージング手法を開発している。これらの手法は、物理学のみならず、化学、生物学、医学、薬学、マテリアル科学等の分野での強力なツールとなり、新しい研究分野を創出する可能性を持つ。また、光技術とナノ工学、マイクロ流体工学などを融合することで、新しい異分野融合型研究の創出を目指している。
上田正仁 物理学教室 冷却原子気体、情報熱力学、量子情報、物性理論 uedaAAphys.s.u-tokyo.ac.jp (AAを@に置き換えてください) 冷却原子気体の理論(ボース・アインシュタイン凝縮、フェルミ超流動)、情報熱力学、量子情報・測定、物性理論
大久保毅 物理学教室 統計物理、計算物理、フラストレート磁性体 t-okubo_at_phys.s.u-tokyo.ac.jp 主にモンテカルロ法やテンソルネットワーク法といった計算機シミュレーションの手法を用いて、量子・古典多体系が生み出す秩序、相転移の研究を行っています。広い意味での統計物理一般のトピックに興味を持っていますが、現在はフラストレート磁性体を中心とした量子・古典スピン模型の新規秩序・ダイナミクスに関する研究を進めています。
岡田康志 物理学教室 生物物理学 y.okada@riken.jp 当研究室では、超解像顕微鏡など最先端のイメージング技術を開発し、これを用いて細胞内で営まれる生命現象の定量的な計測を行っています。たとえば、神経細胞内の物質輸送の分子機構の研究を通じて、細胞内のタンパク質分子重合体である微小管が構造相転移により輸送を制御していることを示してきました。また最近では、非平衡統計力学の揺らぎの定理を応用することで、細胞内での力学計測が進んでいます。このような物理学的なアプローチを通じて、生命とは何かという問いに迫りたいと考えています。
岡本 徹 物理学教室 物性物理学 okamotoアットphys.s.u-tokyo.ac.jp 低次元電子系を中心とした物性実験。液体ヘリウム温度から希釈冷凍機を用いた極低温にいたる温度領域において、半導体二次元電子系や金属単原子層膜を対象に、量子ホール効果や超伝導をはじめとする量子現象の解明や新奇現象の探索を行っている。特に強磁場中の電気伝導特性や走査トンネル顕微鏡を用いた電子状態の観察などに興味をもっている。
小形正男 物理学教室 物性理論 ogata_RemoveThisPart_@phys.s.u-tokyo.ac.jp 物性理論:凝縮系とくに量子現象が顕著に現れる多電子系の理論。強い相関のある電子系、高温超伝導の理論、磁性、有機伝導体などの低次元伝導体、メソスコピック系、
軌道・スピン・電荷の複合した物質、従来と異なった新しい超伝導現象など。場の理論的手法、厳密解、くりこみ群、変分法、計算機シミュレーションなどの手法を用いる。
桂法称 物理学教室 物性理論、統計力学 katsura_at_phys.s.u-tokyo.ac.jp [物性理論] 相関の強い多体系(電子系, ボゾン系, スピン系, ...)における磁性・強誘電性・量子ホール効果・超伝導などの物性および新奇現象の理論的研究。平均場近似やスピン波理論などの従来的な手法に加えて、場の理論や数理物理学的手法、数値的対角化などを組み合わせて多角的にアプローチする。 [統計力学] 古典・量子統計力学における可解模型の代数構造の研究、およびその量子情報・物性への応用。非線形現象・フラクタルなどの数理構造の解明。
北川健太郎 物理学教室 物性物理学 固体中の電子が織りなす磁性や超伝導の新しい秩序形態の発見を目指している。アプローチとして新しい無機化合物結晶を探しだす他、最先端の複合極限環境下実験手法で物性を制御し新量子相を発現させている。後者では、極低温・超高圧・強磁場下における精密な実験(磁場方向制御のマクロ及び核磁気共鳴測定)により固体中の磁性不安定点・量子臨界点近傍の物性を電子スピンの秩序構造とゆらぎの両面から明らかにした上で開拓していく。
日下 暁人 物理学教室 宇宙物理学実験・観測的宇宙論 akusaka@phys.s.u-tokyo.ac.jp 宇宙背景放射の観測を通じた宇宙物理学。
初期宇宙の探索により、インフレーション宇宙論の検証と重力場の量子ゆらぎの検出を目指す。
宇宙進化の観測により、宇宙の暗黒成分(暗黒エネルギー、暗黒物質、暗黒放射、ニュートリノ)の正体を探る。
装置開発やデータ解析を駆使した実験物理学的アプローチで、宇宙の素顔に迫る。
酒井広文 物理学教室 最先端レーザー技術を駆使した原子分子物理学実験 hsakai(ここを削除)@phys.s.u-tokyo.ac.jp 最先端レーザー技術を駆使した原子分子物理学実験。(1)高強度レーザー電場を用いた気体分子の配列・配向制御とその応用、(2)非摂動論的高次非線形光学過程(多光子イオン化や高次高調波発生など)に代表される高強度レーザー物理や原子分子中の超高速現象、(3)軟X線領域の単一アト秒パルス発生とその偏光制御、及び原子分子中の電子の超高速ダイナミクスの制御への応用、(4)X線自由電子レーザー光を用いた分子構造とその超高速ダイナミクスの観測、(5)整形されたフェムト秒レーザーパルスによる原子分子中の量子過程制御。
櫻井博儀 物理学教室 原子核物理学実験 sakurai@phys.s.u-tokyo.ac.jp 重イオン原子核実験 重イオン核反応を用いて不安定核のビームを生成し,安定線から遠く離れたエキゾチック原子核の特異な性質・現象を調べる。研究テーマは,1)高速RIビームを用いた新手法の開発による不安定核の核構造、ダイナミクスの研究,2)RIビーム開発と核存在限界の探索,3)重イオン核反応の反応機構,等である。実験は主に理化学研究所加速器研究施設・不安定核ビーム生成装置を用いて行っている。
佐野雅己 物理学教室 非線形物理学、ソフトマター、生物物理学 sano at phys.s.u-tokyo.ac.jp 非線形非平衡系および生物物理:非平衡系の統計物理、非線形動力学とカオス、散逸系におけるパターン形成と動力学、乱流の統計則・巨視的構造、非平衡ソフトマター、アクティブマター、定量的な生命物理。
須藤 靖 物理学教室 宇宙物理学・太陽系外惑星 suto@phys.s.u-tokyo.ac.jp 宇宙物理学と太陽系外惑星に関する理論的および観測的研究。具体的な研究テーマは、多波長観測データをもとにした銀河団モデルの構築、ダークマターハローの非球対称性の統計的モデル、重力レンズ天文学、広域銀河探査によるダークエネルギーの性質の解明、銀河系ダスト減光地図の精密検証、スタッキング解析による遠方銀河の性質の特定、軟X線分光観測を用いたダークバリオン探査、太陽系外惑星系の角運動量の起源と進化、多重惑星系の力学進化。
高木英典 物理学教室 物性物理 takagi at phys.s.u-tokyo.ac.jp 固体、特に遷移金属酸化物中の絡み合う電子(相関電子)が創成するエキゾチックな量子凝縮相を現実の物質の中に探索・実現する。同時に相形成の物理を解明する。現在、高温超伝導、量子スピン液体、非自明なスピン・電荷秩序、トポロジカル絶縁体、などに具体的興味の中心がある。舞台となる物質を自ら開拓すると同時に、電子輸送現象、熱物性、量子ビーム回折・散乱などのプローブを駆使して、ナノの世界での相関電子の静的・動的自己組織化構造を明らかにする。
竹内一将 物理学教室 非平衡物理学、ソフトマター、生物物理学 takeuchi@phys.s.u-tokyo.ac.jp 非平衡物理学、統計力学、液晶ほかソフトマター、細菌集団の物理、微小流路実験、カオス
常行真司 物理学教室 物性理論 stsune@phys.s.u-tokyo.ac.jp 第一原理分子動力学法など基本原理に基づく計算機シミュレーションは、観測や実験からは得られない物性情報を得たり、あるいは実験に先んじた予言を行うことを可能にする。当研究室では主にそのような計算物理学的手法を開発しながら、物性物理学の基礎研究を行っている。電子相関の強い系や2成分量子系を取り扱うための新しい第一原理電子状態計算手法の開発、超高圧下など極限条件下の結晶構造探索と物性予測、固体表面の構造・電子状態・化学反応機構、水素を含む固体の量子効果、強誘電体の電子物性などが主要な研究テーマである。
藤堂眞治 物理学教室 計算物理 wistaria@phys.s.u-tokyo.ac.jp 計算物理学:量子モンテカルロ法など最先端の計算物理学の手法を用いて、量子スピン系やボーズハバード系など強相関多体系における新奇な状態の探索と相転移・臨界現象の解明を目指す。また、テンソルネットワークなどの量子多体系に対する新たなシミュレーション手法開発や京コンピュータなど最先端スパコンの能力を活かすための並列化手法の研究、次世代並列シミュレーションのためのオープンソースソフトウェアの開発も進めている。
長谷川修司 物理学教室 表面物理学 shuji@phys.s.u-tokyo.ac.jp(@マーク英数半角にする) 半導体、金属、トポロジカル絶縁体などの結晶表面や、その上に形成される原子層、原子鎖やクラスターなどのナノメータスケール構造体について、原子配列、電子/スピン物性、機能特性などを多角的に研究する。具体的には電子バンド状態、電子・スピン輸送特性、光学応答、相転移などを、電子回折・顕微鏡、走査トンネル顕微鏡・分光法、光電子分光法、微視的4端子プローブ法、分子線エピタキシー法、集束イオンビーム加工法などの実験手法を駆使して研究する。1原子層の超伝導やキャリアの後方散乱の抑制などを最近発見した。
濱口幸一 物理学教室 素粒子理論 hama - AT - hep-th.phys.s.u-tokyo.ac.jp 素粒子の標準理論のエネルギースケールを超えたところにどのような物理があるのかに興味があり、自然界に存在するより基本的な統一理論を目指して研究しています。これまで私は、超対称性理論を中心とした標準模型を超える物理の模型構築、現象論的研究、初期宇宙論への応用といった研究を行なってきました。最新の素粒子実験や宇宙観測の結果にも注目して理論的研究に還元していきたいと考えています。
林 将光 物理学教室 電子スピン物性 hayashi@phys.s.u-tokyo.ac.jp 電子スピンが誘起する物理に関する物性実験。原子層レベルで制御した薄膜ヘテロ構造において、スピン軌道相互作用が生み出す新たな物理現象を探索・解明する。将来的に量子情報技術に展開できる磁性、伝導、光応答などの物性に関する研究を行っている 。
馬場 彩 物理学教室 宇宙物理学実験 bamba_AT_phys.s.u-tokyo.ac.jp 宇宙は冷たく空っぽの静かな世界に見えるが、実は熱く激しい天体現象が普遍的に存在することが分かってきた。我々はこれら超新星残骸やブラックホールといった激動天体からのX線・ガンマ線を、地上や宇宙空間の望遠鏡で観測し、宇宙の力学的進化・化学的進化を探っている。2016年に打ち上げた宇宙X線衛星「ひとみ」は残念ながら運用停止したものの遺されたデータの解析を全力で行うとともに、「ひとみ」代替機、その先の宇宙高エネルギー衛星「FORCE」などの開発、超高エネルギーガンマ線望遠鏡CTAの開発などを行っている。
樋口秀男 物理学教室 生物物理学 higuchi at phys.s.u-tokyo.ac.jp 当研究室では生体モータータンパク質を分子・細胞・個体の3つの階層からアプローチし,各階層の機能メカニズムを解明すると同時に全体を俯瞰した生体運動の物理モデルを構築する.具体的な研究テーマは,1.精製モーター1分子の3次元的な運動をÅ精度で解析し,Åレベルの運動メカニズムの解明を行う.2.細胞内モーター分子の変位と力を3次元的に測定し,力学状態の時空間的変化を解析する.3.マウス内モーター分子の運動を解析し,個体内細胞の運動を明らかにする.4.細胞の運動機能に普遍的な物理モデルを構築する.
福嶋健二 物理学教室 原子核理論 fuku@nt.phys.s.u-tokyo.ac.jp 自然界の最も基本的な相互作用のひとつである『強い相互作用』の織り成す物理をさまざまな手法を用いて研究しています。強い相互作用するクォークとグルーオンが、パイ中間子や核子などハドロンを作り、多数のハドロンが集まって我々の身の回りの物質を構成しています。超高温・超高密度・強い外場(磁場・電場・重力場など)の中では、身近な物質からは想像もつかない面白い物性が『強い相互作用』の性質から導かれます。既知の理論から新奇現象を探る理論研究を目指しています。
福山 寛 物理学教室 低温物理学 hiroshi_atmark_phys.s.u-tokyo.ac.jp 低温物理学: (i) 超低温における量子液体・固体研究(超流動、超固体、核磁性、強相関効果、相転移現象など)。特にヘリウム単原子層膜の2次元量子物性。(ii) ディラック電子系の物性研究。特にグラフェンのエッジ状態、 バンドギャップ制御、超伝導近接効果。(iii) 超低温の発生と測定技術の開発。比熱、核磁気共鳴、ねじれ振り子、走査トンネル顕微/分光、輸送現象測定など幅広い 実験手法を用いる。
藤森 淳 物理学教室 光電子分光、強相関電子物性 fujimori.at.phys.s.u-tokyo.ac.jp 光電子分光、放射光分光を用いた固体電子物性の研究。強相関電子系、磁性半導体およびそれらの界面、ナノ構造の特異な物性の発現機構解明。高温超伝導、巨大磁気抵抗、金属-絶縁体転移、非フェルミ液体的振る舞いの解明を目指す。
古澤 力 物理学教室 生物物理学(理論/実験) furusawa@phys.s.u-tokyo.ac.jp 生物物理学:適応・進化・発生・免疫といった多数の要素が関与するダイナミッ クな生物現象について、理論と実験の両面から解析する。計算機シミュレーショ ン、理論解析、そして構成的生物学実験を統合し、個々の分子の詳細に依存しな い普遍的な性質を切り出すことにより、生物システムの状態とその遷移を記述す るマクロレベルの状態論の構築を目指す。
松尾 泰 物理学教室 素粒子理論 matsuoアトマークphys.s.u-tokyo.ac.jp 量子重力、超弦理論、場の量子論、可解な量子系、およびそれに関連する数理物理学が主要な研究トピックスである。より具体的な最近のテーマとしては、M理論に現れるブレーンの定式化、それに関連する新しい対称性や幾何学、また、ゲージ理論や低次元可解模型に現れる無限次元対称性などがあげられる。
宮下精二 物理学教室 統計力学、物性基礎論、磁性 miya@spin.phys.s.u-tokyo.ac.jp 強く相互作用する系が見せる協力現象の特徴を統計力学的な手法を用いて研究する。量子効果や相互作用の競合(フラストレーション)、ランダム性がなどのよる興味深い相転移・臨界現象の研究や、それぞれの系が示す動的な性質を、非平衡統計力学や量子ダイナッミクスの観点から調べていく。‘相互作用系のモデル化と制御’の観点から諸現象の積極的な把握を目指す。
村尾美緒 物理学教室 量子情報 (理論) murao_RemoveThisPart_@phys.s.u-tokyo.ac.jp 計算アルゴリズムや情報処理を効率よく実行するための装置としてだけではなく、量子力学的に許されるすべての操作を自由に行うことができる装置として量子計算機をとらえる。そして、量子計算機を用いることで現れる量子力学的効果を解明することによって、情報と情報処理という操作論的な観点から量子力学への基盤的理解を深めるとともに、エンタングルメントなど量子力学特有の性質を情報処理、情報通信、精密測定、精密操作などへ応用するための理論的研究を行っている。
諸井健夫 物理学教室 素粒子論・宇宙論 moroi at hepth.phys.s.u-tokyo.ac.jp 素粒子理論・素粒子論的宇宙論
山本智 物理学教室 宇宙物理学、星間化学、分子分光学 yamamoto@phys.s.u-tokyo.ac.jp 電波、特にサブミリ波を用いて、星形成、分子雲形成、および銀河系の構造について観測的研究を進めている。そのために、富士山頂サブミリ波望遠鏡、18 cm可搬型サブミリ波望遠鏡の開発運用を行うとともに、国立天文台が推進する望遠鏡計画に参加している。特に、中性炭素原子が放つ波長0.6 mmのスペクトル線に着目して、星形成、分子雲形成の理解に新しい角度からアプローチしている。同時に、新しい星間物質を検出する目的で、実験室における分子スペクトルの研究も行っている。
湯本潤司 物理学教室 光物性、量子エレクトロニクス yumoto@ipst.s.u-tokyo.ac.jp 結晶、金属等の凝縮系に高強度レーザー光が照射されると、物質内の電子や原子は、励起状態に遷移するだけでなく、脱離現象も起こす。このような現象は、非線形、非平衡、開放系の物理として扱う必要があり、最も難しい課題のひとつである。この現象を、フェムト秒の時間分解能で、更に、フェムト秒からマイクロ秒の10桁以上の時間スケールで追及し、その知見をレーザー加工などへ発展させる。
横山将志 物理学教室 素粒子物理学実験 masashi@phys.s.u-tokyo.ac.jp 大統一スケール(10の16乗GeV)付近での素粒子物理に迫ることを目指して,ニュートリノと陽子崩壊を軸に研究をしています。スーパーカミオカンデや大強度陽子加速器J-PARCを使ったニュートリノ振動の研究を進めるとともに,次世代実験・ハイパーカミオカンデの建設に向けた準備を進めています。さらに,関連する小規模実験も大学院生を中心に立案・遂行しています。
吉田直紀 物理学教室 宇宙物理学 naoki.yoshida@phys.s.u-tokyo.ac.jp 専門は数値宇宙論。大規模なコンピューターシミュレーションを用いて星や銀河、ブラックホールの形成とその共進化を明らかにすること
を目指している。暗黒物質の素粒子的性質と宇宙の構造形成とは深く関わっている。様々な理論モデルに対してコンピューターシミュレーションにより定量的な予言を与え、豊富な観測データとの比較によって暗黒物質や暗黒エネルギーの正体に迫る。
 新たな計算手法の開発や超高速計算に取り組むとともに、機械学習を用いた大規模観測データ解析や超新星検出などデータサイエンスもすすめている。
Kathrin WIMMER 物理学教室 wimmer@phys.s.u-tokyo.ac.jp Our research focuses the structure of radioactive nuclei. Exotic nuclei, far away from stability, show many interesting features which are not understood yet. We use direct reactions to populate states in the exotic nuclei and state-of-the-art experimental equipment. Employing various spectroscopic tools we can gain new information on the properties of exotic nuclei and therefore a deeper understanding on the underlying mechanisms.
今井伸明 原子核科学研究センター 実験核物理 n.imai@cns.s.u-tokyo.ac.jp 主に理化学研究所の不安定核ビームラインを用いて、中性子過剰核の核構造を陽子共鳴弾性散乱等の低エネルギー核反応を用いて調べています。特に、32Mg近傍の核構造変容の領域の原子核を集中的に調べ、変容の原因を明らかにすることを目指しています。 また、中期計画として、高スピンを持つ178m2Hfを大量に生成、純化し標的を作成する開発を進めています。この標的が完成した暁には、ハイパー変形、ドーナツ型形状などエキゾチックな形の原子核生成も夢ではありません。
郡司 卓 原子核科学研究センター クォーク・ハドロン物理 gunji@cns.s.u-tokyo.ac.jp 高エネルギー重イオン衝突を用いた素粒子物性に関する研究を行っている。

CERN研究所のLHC加速器を用いたALICE実験を推進し、[1] 宇宙初期に存在した超高温クォーク物質(クォーク・グルーオンプラズマ)の生成、[2] 超高温クォーク物質が持つ性質、[3] クォーク・グルーオンプラズマやハドロン物質への相転移機構、[4] QCDの本質であるカイラル対称性や閉じ込め機構、を目指している。

また、中性子星のような超高密度下におけるクォーク・ハドロン物質の性質研究やQCD物質の相構造の全容解明に向けた将来計画を進めている。
酒見泰寛 原子核科学研究センター 原子核物理 sakemi@cns.s.u-tokyo.ac.jp 物質優勢宇宙の創成機構解明を目指し、「レーザー冷却不安定原子」を用いた基本対称性・基本相互作用の研究を進める。重元素における極端な量子状態を、大強度重イオンビームによる核反応と高強度レーザーによる原子冷却技術を駆使して生成し、微小な対称性の破れのシグナルを増幅して高感度探索を行う冷却不安定原子工場において物質創成に至る極限量子状態に迫っていく。
下浦 享 原子核科学研究センター 原子核物理学 shimoura@cns.s.u-tokyo.ac.jp 安定に存在する原子核に比べ陽子数と中性子数の比がアンバランスな原子核のエキゾチックな性質を、その原子核を二次ビームとした核反応実験により調べる。入射エネルギーや標的の種類に対応した原子核反応の選択則を駆使して、魔法数の変化や安定核では見られない励起モード、反応機構を解明する。
矢向謙太郎 原子核科学研究センター 原子核物理(実験) yako@cns.s.u-tokyo.ac.jp 原子核の集団励起モード、特にスピン・アイソスピン振動モードと呼ばれる基本的な巨大共鳴を切り口に孤立有限多体系としての原子核の性質を明らかにする研究を行っている。粒子加速器で中間エネルギー(核子あたり数百MeV)まで加速したイオンビームを用い、荷電交換反応などを用いて原子核を励起し、その構造を調べている。理化学研究所RIビームファクトリーにおけるエキゾチック核ビームを用いて研究領域の拡大を狙っている。
山口英斉 原子核科学研究センター 原子核物理学実験・宇宙核物理学 yamag@cns.s.u-tokyo.ac.jp 東京大学原子核科学研究センターが理化学研究所加速器施設(RIBF)内に設置した、低エネルギー不安定核生成分離装置「CRIB」を使用した研究を推進している。低エネルギー、高強度の不安定核ビームを直接反応にて生成できるCRIBは、世界の研究機関を見渡しても類の少ない、ユニークな装置である。その特徴を活かし、宇宙核物理における重要反応の測定、特異な原子核構造の解明などをテーマとした実験研究を展開している。
Kipp CANNON ビッグバン宇宙国際研究センター 観測天体物理学 kipp@resceu.s.u-tokyo.ac.jp ブラックホールや中性子星を含む高密度星の衝突及びその他の現象から発生する重力波の検出と解釈
横山順一 ビッグバン宇宙国際研究センター 宇宙論・重力波 yokoyama(at)resceu.s.u-tokyo.ac.jp 初期宇宙論と重力波物理学。
場の量子論、素粒子物理、一般相対論等の基礎理論を用いて初期宇宙の進化を再現する研究と、宇宙背景放射等の観測データから出発して初期宇宙の物理に還元する研究を並行して行っています。
また、KAGRAの稼働を控え、重力波データ解析の基礎研究、また重力波を用いた宇宙論の研究を行っています。
石野雅也 素粒子物理国際研究センター 素粒子物理実験 mishino@icepp.s.u-tokyo.ac.jp [1] 世界最高エネルギーの陽子衝突型加速器LHCを使って新粒子を発見し、その性質を精査する。その実験事実をプローブとして、素粒子標準模型の背後にある大きな物理(真空・時空の構造、未知の対称性)を明らかにする。
[2] 新粒子の発見可能性を最大化するための実験技術(トリガー、粒子検出器、ソフトウエア)を開発し、実際のデータ収集に応用する。
大谷航 素粒子物理国際研究センター 素粒子物理学 wataru@icepp.s.u-tokyo.ac.jp 粒子加速器を用いた素粒子物理の実験的研究により、素粒子の相互作用、宇宙創成の謎を解明することを目指しています。
(1)世界最高強度ミュー粒子ビームを用いたミュー粒子稀崩壊探索実験MEG(メグ)による超対称大統一理論などの新しい物理法則の検証、次世代の究極感度探索実験に向けた新型測定器の開発。
(2)次世代最高エネルギー電子・陽電子加速器実験、国際リニアコライダー計画ILCの実現に向けた研究開発。
奥村恭幸 素粒子物理国際研究センター 高エネルギー物理学実験 okumura@icepp.s.u-tokyo.ac.jp
田中純一 素粒子物理国際研究センター 高エネルギー加速器素粒子実験 jtanaka@icepp.s.u-tokyo.ac.jp 高エネルギー加速器素粒子実験。実験を通して素粒子の極微世界の基本原理を解明することを目指しています。CERNのLHC ATLAS実験で標準理論を越えた新しい物理の発見を目指し、2個目のヒッグス粒子、超対称性粒子、コンパクト化された余剰次元等の探索を行っている。また、ATLAS検出器のLAr電磁カロリメータの読み出し部分のアップグレードのために高速データ転送やエネルギー再構成アルゴリズム@FPGA等の研究開発を行っている。また、将来のエネルギーフロンティア実験(100TeVハドロンコライダー)のための研究も行っている。
森 俊則 素粒子物理国際研究センター 素粒子物理学 mori@icepp.s.u-tokyo.ac.jp 新たな現象・新粒子の発見とその詳細研究によって宇宙の謎に迫る。特に、ミュー粒子の崩壊から、超対称大統一理論・ニュートリノの質量の起源を検証する国際共同実験MEG(メグ)およびMEG IIを行っている。また、国際リニアコライダー(ILC)において世界最高エネルギーの電子・陽電子衝突反応による、ゲージ相互作用と対称性の破れ(ヒッグス粒子)、超対称大統一理論等の実験的検証に関する研究も推進している。
山下了 素粒子物理国際研究センター 素粒子実験 satoru@icepp.s.u-tokyo.ac.jp フロンティア加速器による
素粒子の質量と時空の構造の研究:
(1)世界最高エネルギーの衝突型加速器実験での研究:LEP/LHCでの研究を進め、次世代「リニアコライダー」でのヒッグス場、超対称性の研究を目指した物理研究、加速器、測定器の開発。
(2)大強度フロンティアでの研究:初期宇宙研究に重要な中性子寿命の精密測定をJ-PARCにて実施中。時間反転対称性を破る中性子電気双極子発見のための計画を推進中。
浅野 勝晃 宇宙線研究所 高エネルギー宇宙物理学 asanok@icrr.u-tokyo.ac.jp 活動銀河核からの相対論的ジェット、ガンマ線バースト、パルサー、中性子星連星合体などの高エネルギー天体現象の理論的研究を行っている。この分野には多くの未解明問題が残されているが、特に相対論的アウトフローの形成、ジェット中での粒子加速、高エネルギー粒子からの電磁波・ニュートリノ放射のメカニズムを研究している。電波からガンマ線にいたる電磁波だけではなく、宇宙線、ニュートリノ、重力波といった多種多様な手法で天体現象を探るマルチメッセンジャー天文学を理論面から推進している。
伊部昌宏 宇宙線研究所 素粒子理論 ibe@icrr.u-tokyo.ac.jp 私の研究の目的は宇宙の最も基本的な法則は何かということに答えることにあります。現在は特に標準模型における Higgs 機構を補完する TeV スケールで現れると考えられている物理について興味を持っています。素粒子実験および宇宙観測の大きな進展が期待されている現在、素粒子理論と宇宙理論を相補的に研究することで標準模型を超える理論に近づけると考えています。
内山 隆 宇宙線研究所 重力波物理学 uchiyama@icrr.u-tokyo.ac.jp アインシュタインの一般相対性理論で予言された重力波の検出と重力波天文学の創設。
大内正己 宇宙線研究所 宇宙物理学 ouchims_at_icrr.u-tokyo.ac.jp 宇宙史初期を観測的に探る研究を行っている。すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡(また今後はALMA)といった最先端の観測装置を駆使し、未だ人類がほとんど目にしたことのない過去の宇宙に挑戦している。具体的には、初期の銀河形成およびこれと密接に関連する宇宙再電離の物理過程を明らかにすることが目標である。
大橋正健 宇宙線研究所 重力波宇宙物理学 ohashi@icrr.u-tokyo.ac.jp LIGOによる連星ブラックホール合体イベントからの重力波検出で、ついに重力波天文学が開始された。次は、中性子連星が合体してブラックホールとなる過程で発生する重力波を、神岡で建設中の大型低温重力波望遠鏡KAGRAでとらえたい。
奥村公宏 宇宙線研究所 素粒子・宇宙線物理学 okumura(atmark)icrr.u-tokyo.ac.jp スーパーカミオカンデ実験、T2K実験に参加し、ニュートリノの研究をしています。大気ニュートリノや加速器ニュートリノを用いたニュートリノ振動の詳細に測定することにより、レプトンにおけるCP対称性や質量階層性など未解決の問題に取り組んでいます。また、将来計画であるハイパーカミオカンデ・プロジェクトにも参加しています。大気ニュートリノにおいては、フラックス測定を通じて宇宙線に関連した研究も行っています。今後は新しい実験装置の開発にも取り組む予定です。
梶田隆章 宇宙線研究所 重力波、ニュートリノ物理 kajita@icrr.u-tokyo.ac.jp 重力波の世界初観測に向けた観測研究を行う。神岡の地下に一辺3kmの巨大なレーザー干渉計を建設中であり、この装置で重力波の観測を行う。
スーパーカミオカンデをもちいて大気ニュートリノを観測し、ニュートリノ振動研究を行う。
 
川崎雅裕 宇宙線研究所 宇宙物理学 kawasaki@icrr.u-tokyo.ac.jp 素粒子的宇宙論: 超対称性理論などの素粒子の新しい理論を用いて宇宙初期の探求を行い、素粒子モデルに基づいて宇宙の誕生から現在に至るまでの宇宙の進化のシナリオを構築する。
岸本康宏 宇宙線研究所 実験素粒子物理学,ニュートリノ物理学 kisimoto@km.icrr.u-tokyo.ac.jp 暗黒物質,ニュートリノを中心に研究を行っています

液体キセノンを用いた大型でユニークな実験装置,XMASSを神岡に建設し,それを用いて暗黒物質探索実験を開始しました.

スーパーカミオカンデを改造し,超新星ニュートリノバーストを検出する計画を進めています.

どちらの実験も面白いと同時に挑戦的な実験です.その挑戦的課題に挑むべく,現在,そして将来の実験のために装置の改良や開発も積極的に行います
佐川宏行 宇宙線研究所 宇宙線物理学 hsagawa@icrr.u-tokyo.ac.jp 10の20乗電子ボルト以上の超高エネルギーの宇宙線が、AGASAで観測されている。この最高エネルギー宇宙線の存在を確実に検証し、その起源を解明するために、米国ユタ州において約700km^2の地表粒子検出器アレイと大気蛍光望遠鏡(Telescope Array [TA] 実験装置)を建設し、2007年に完成し、2008年3月より全面定常稼働している。このデータをもとに極高エネルギー宇宙線のエネルギースペクトル、到来方向、質量組成の研究を行う。
﨏 隆志 宇宙線研究所 宇宙線物理学
佐々木真人 宇宙線研究所 宇宙素粒子物理学・素粒子物理学 sasakim(at)icrr.u-tokyo.ac.jp 広角高精度の複眼光学望遠鏡をハワイ島マウナロア山腹に置き、夜空や地球に向けて突発天体からの閃光、超高エネルギーのガンマ線、核子、ニュートリノを観測するAshra-1を行っている。さらにスケールアップした複眼光学望遠鏡をハワイ島の1辺25kmの三角形の頂点と中心の4地点に配備して同時に観測する世界最大規模の宇宙タウニュートリノ望遠鏡Ashra Neutrino Telescope Array (Ashra NTA)を計画している。PeV-EeVニュートリノとTeV-PeVガンマ線を用い、未知の天体明快な位置同定できる本格的な粒子天文学を開始しようとしている。
塩澤眞人 宇宙線研究所 宇宙素粒子実験 masato@suketto.icrr.u-tokyo.ac.jp 素粒子の大統一理論の検証のために、陽子崩壊の探索やニュートリノ実験を行っている。陽子崩壊は大統一理論が予言するレプトンとクオークの間の遷移の結果起こるもので、加速器では到達できない超高エネルギーでの物理の直接検証をおこなうものである。またニュートリノの質量や混合の精密測定により、素粒子大統一の解明を目指す。スーパーカミオカンデ実験、K2K、T2K長基線ニュートリノ実験等。現在プロジェクトリーダーとして次世代実験ハイパーカミオカンデの実現を目指している。
関谷洋之 宇宙線研究所 宇宙素粒子物理 sekiya@icrr.u-tokyo.ac.jp 宇宙にはニュートリノや暗黒物質が満ちており、宇宙の始まりから未来に至るまで、決定的な役割を果たしていると考えられます。宇宙の仕組みを解明することを目指し、これら宇宙素粒子を主な研究テーマとしています。素粒子実験では規模の大小や場面を問わず、現実にある検出器を最大限生かすことと他の誰も持っていない検出器を作り出すことの2つが常に求められます。現在、Super-Kamiokandeをアップグレードする計画を推進しています。また暗黒物質探索やニュートリノ研究のための小さな実験やHyper-Kamiokandeも進めています。
瀧田正人 宇宙線研究所 高エネルギー宇宙線天文学 takita@icrr.u-tokyo.ac.jp 中国自治区チベットの首都ラサ近郊にある羊八井高原で3.7万平方メートルの空気シャワーアレイ観測装置を設置し、活動銀河核、超新星残骸やGRB等からのTeV領域の高エネルギーガンマ線点源観測、長年の謎であるknee領域の一次宇宙線の化学組成や宇宙線の起源とその加速機構の解明に向けた研究を行っている。一人でコツコツやるタイプよりも、建設時にはちょっぴり土方のような仕事もやり、皆とがやがや議論しながら研究を進めていくのが好きな方に向いていると思います。通常は宇宙線研究所でデータ解析や測定器の開発をしております。
田越 秀行 宇宙線研究所 重力波宇宙物理学 tagoshi@icrr.u-tokyo.ac.jp 重力波検出器のデータ解析や重力波に関係する宇宙物理学の理論的研究を行っている.
宇宙線研究所が推進するKAGRAプロジェクトにおいて,KAGRA検出器による重力波の観測を目指して活動している.特にブラックホールや中性子星からなる連星系合体の重力波の探索や,検出された信号によるブラックホール,中性子星の物理的性質の研究や重力理論の検証など,理論とデータ解析にまたがるような研究を行っている.
手嶋政廣 宇宙線研究所 高エネルギーガンマ線天文学 mteshima@icrr.u-tokyo.ac.jp 高エネルギーガンマ線天文学
(1) 超新星残骸、活動銀河核、ガンマ線バースト等の天体における粒子加速、ガンマ線放射機構の研究
(2) 暗黒物質対消滅からの宇宙ガンマ線探索
(3) 宇宙空間でのガンマ線吸収から赤外可視領域背景放射の研究
(4) 次世代大型チェレンコフ望遠鏡アレイの準備研究
中畑雅行 宇宙線研究所 ニュートリノ宇宙物理学 nakahata@suketto.icrr.u-tokyo.ac.jp スーパーカミオカンデを用いて、ニュートリノの研究を行っている。特に、超新星爆発からのニュートリノ、太陽で発生するニュートリノの観測を行っている。これらの観測によって、ニュートリノを用いた「素粒子研究」を行うとともに、ニュートリノを手段とした天文学も行っている。
早戸良成 宇宙線研究所 ニュートリノ実験 hayato@icrr.u-tokyo.ac.jp ニュートリノを用いた物理
1)(特に加速器を用いた)ニュートリノ振動実験
2)ニュートリノ核子散乱実験とそのシミュレーション
3)実験用データ収集システムの設計、構築
三代木伸二 宇宙線研究所 重力波実験物理学 miyoki_@_icrr.u-tokyo.ac.jp 一般相対性理論の予測する重力波現象の直接観測を目指している。20年余にわたるレーザー干渉計型重力波望遠鏡による極小変位計測技術の開発を経て、現在、最終形であるKAGRA重力波望遠鏡を建設している。KAGRAの目標感度を達成し、国際的な重力波観測ネットワークの一員として重力波の直接検出を行い、重力波天文学を創生したい。また、重力波検出装置の開発過程で得られた極限的精密長さ計測技術を応用し、レーザー干渉計を構成する鏡のような巨視的物体の量子力学的振る舞いの直接観測も目指している。
森山茂栄 宇宙線研究所 宇宙線・素粒子物理学 moriyama@icrr.u-tokyo.ac.jp 世界最先端の宇宙暗黒物質探索実験(XENON実験)の推進と、スーパーカミオカンデを用いたニュートリノ・核子崩壊の観測、ハイパーカミオカンデ計画の推進を行っています。
宇宙を構成する物質の80%は未知の物質であり、その正体の解明は現代物理学の最重要テーマの一つです。そのため、液体キセノンを用いた XMASS実験や、イタリアで建設・運転が予定されているXENON実験を推進します。
ハイパーカミオカンデの実現は、スーパーカミオカンデの感度を10倍向上させるもので、宇宙の物質の起源等にも迫る研究を行いたいと考えています。
吉越貴紀 宇宙線研究所 超高エネルギーガンマ線天体物理学 tyoshiko@icrr.u-tokyo.ac.jp 超高エネルギーガンマ線を放出する天体を解像型大気チェレンコフ望遠鏡アレイを用いて観測し、宇宙で最もエネルギースケールの大きい天体活動の物理を調べる。超新星残骸、パルサー風星雲等の観測から、「宇宙線起源の謎」を解明する。また、次世代大気チェレンコフ望遠鏡のR&Dも行っている。
秋山英文 物性研究所 半導体、ナノ構造、レーザー、太陽電池、生物発光 golgo アットマーク issp.u-tokyo.ac.jp ナノ構造、光学物性、半導体、レーザー。現在は特に、半導体レーザーからの短パルス発生や、次元・サイズ・形・電子濃度・外場などに応じて変化するナノ構造の光学物性などに加え、太陽電池の物理や、ホタルやクラゲなどの生物化学発光を研究している。研究手法として用いられる、レーザー分光、顕微蛍光計測、顕微透過計測、ソリッドイマージョンレンズ、発光全光束計測、赤外分光など、光学や分光学における研究開発も行っている。
板谷治郎 物性研究所 原子分子光物理学 jitatani@issp.u-tokyo.ac.jp 高強度レーザーの開発と、強レーザー場中での原子・分子・固体における超高速現象の研究とその応用。特に、(1)位相制御された高強度極短パルスレーザー光源の開発、(2)高次高調波によるアト秒軟X線パルス発生と原子分子・固体のアト秒分光、(3)強レーザー場中での超高速現象の観測と量子制御、(4)アト秒からフェムト秒領域での超高速軟X線分光手法の開拓。
上床美也 物性研究所 高圧物性 uwatoko@issp.u-tokyo.ac.jp 多種多様な秩序相およびその近傍で出現する新しい物理現象の探索を行う。特に、高圧力を物理パラメータとし、低温・高磁場を組み合わせた多重環境下での基礎物性測定を行い、圧力下で誘起される超伝導現象を主体とする様々な秩序相のメカニズムについて研究する。また、これらの実験を行うための圧力発生装置の開発も積極的に行っている。
尾崎 泰助 物性研究所 計算物質科学 t-ozaki@issp.u-tokyo.ac.jp 近年の超並列計算機の発展と物質科学の精密化に伴い、第一原理電子状態計算の重要性が増している。我々は密度汎関数理論に基づき、より現実に近い系をより精密に取り扱うための新しい計算手法・ソフトウエアパッケージの開発に取り組んでいる。また実際の実験に先立って所望の化学的・物理的性質を持つ物質を計算機上で設計する物質デザインを目標に掲げ、研究を進めている。
押川正毅 物性研究所 物性理論・統計力学 oshikawa@(domain), (domain)=issp.u-tokyo.ac.jp 物性理論・統計力学・場の理論について、抽象的な理論から実験に密着した理論まで幅広く研究しています。今までの主な研究として、
* 量子スピン系における磁化プラトーとその量子化
* 量子多体系における整合性とトポロジー
* 3本の量子細線の接合における磁場効果 (共形場理論の応用)
* 量子スピン鎖の電子スピン共鳴の場の理論
などがあります。
勝本信吾 物性研究所 低温,半導体,量子輸送 kats..at..issp.u-tokyo.ac.jp (..at..をアットマークへ変更) 微小系(メゾスコピックからナノスケール,原子スケール)における量子輸送現象
より具体的には
量子ドット,量子細線,2次元電子系の伝導現象
微小ジョセフソン接合系におけるマクロ量子現象
微小系の超伝導 など.

半導体超構造,希薄磁性半導体
その他,低温強磁場に関係した諸々の実験
加藤岳生 物性研究所 物性理論 kato_at_issp.u-tokyo.ac.jp 主にメゾスコピック系を対象として、電子間相互作用や量子コヒーレンスに絡んだ現象を追究している。コンダクタンスやノイズの理論計算や、非平衡状態の理論の構築などを行っている。量子モンテカルロ計算をはじめとする数値計算手法開発も行っている。
川島直輝 物性研究所 物性基礎論・統計力学 kawashima AT issp.u-tokyo.ac.jp 解析的に解けない物性論の問題に対して,新しい数値解法の開発,京コンピュータなど並列計算機を利用した大規模数値計算などを行っている.具体的な最近のテーマとしては,テンソルネットワーク法による2次元量子系におけるスピン液体状態,クラスタアルゴリズムによるZ2ボーテックス乖離転移,量子モンテカルロ法によるスピノンの脱閉じ込め転移,ワームアルゴリズムによる光格子系,スピングラス臨界現象などを調べている.
金道浩一 物性研究所 強磁場物理 kindo@issp.u-tokyo.ac.jp 「強磁場の開発とそれを用いた磁性研究」
夢の非破壊100テスラマグネットを世界で最初に作り、人類未到領域の物質科学を開拓する。特に、我々の研究室では「量子スピン」や「強相関伝導物質」を始めとした磁性体を中心に強磁場中の振る舞いを調べている。この非破壊100テスラが成功すれば、磁性体についての多くの謎が解け、あるいはスピンの量子的な振る舞いが明らかになると考えている。
小森文夫 物性研究所 表面物性、ナノスケール系物性 komoriアトissp.u-tokyo.ac.jp(アトを@マーク英数半角にする) 表面物性・ナノスケール系物性の研究。固体表面上に形成される超薄膜、nmサイズのクラスター配列, 1次元配列、表面低次元電子系などを対象に、電子状態・磁性・トンネル電流やレーザー光励起緩和現象を研究する。 実験では、超高真空極低温STMを用いたトンネル分光による局所電子スピン状態の空間変化・温度変化・超伝導などの相転移による変化、時間・スピン・角度分解光電子分光による電子状態、磁気カー効果による強磁性などを測定する。
近藤 猛 物性研究所 角度分解光電子分光, 電子物性 kondo1215@issp.u-tokyo.ac.jp 角度分解光電子分光はバンド構造を可視化できる強力な実験手法である。当研究室では、この技術をベースとして、バンドが持つスピン構造を選り分け(スピン分解)、さらには、電子系の非平衡ダイナミクスを時間軸で追跡する(時間分解)ことで、多彩な新奇電子物性を開拓する。さらには、ヘリウム3クライオスタットや極限レーザー光源を用いて、最低到達温度及びエネルギー分解能で共に世界最高性能となる角度分解光電子分光装置を開発し、フェルミ準位極近傍で生じる微細な電子構造(超伝導ギャップや素励起カップリング構造)を解明する。
榊原俊郎 物性研究所 磁性 sakaki@issp.u-tokyo.ac.jp 重い電子系物質など低い特性温度を有する物質の低温磁気物性の研究。 独自に開発したキャパシタンス式ファラデー法による極低温磁化測定を主たる実験手段としている。この実験装置では100mK以下の温度で15Tまでの高感度のDC磁化測定が行える。主な研究テーマは1)重い電子系物質の低温磁性、2)異方的超伝導、3)f電子化合物の多重極秩序、4)低次元量子スピン系やフラストレートスピン系の基底状態など。
杉野修 物性研究所 計算物質科学 sugino@issp.u-tokyo.ac.jp 当研究室では、シュレディンガー方程式などの基本方程式をできるだけ忠実に解くことにより、種々の物質の持つ多彩な物性を解き明かすための研究を行っています。同時に、これまで計算ができなかったような複雑な現象を計算可能にし、計算物理のフロンティアを広げるための研究を行っています。研究テーマ:�凝縮系における励起ダイナミックス、�ナノ構造物の量子伝導性�表面界面における触媒反応の第一原理計算等。
瀧川 仁 物性研究所 物性物理学、強相関電子系、核磁気共鳴 masashi@issp.u-tokyo.ac.jp 核磁気共鳴法を主な実験手段として、遷移金属化合物や希土類化合物において強い電子間相互作用によって引き起こされる超伝導、強(反強)磁性、スピンや電荷の揺らぎ、電荷や軌道の秩序といった現象を研究している。原子核の持つ磁気モーメントや電気四重極モーメントと周囲の電子の間に磁気的・電気的な超微細相互作用が働くために、NMRは固体内電子のスピン、電荷、軌道といった多重自由度の秩序状態や揺らぎの性質をミクロに探る有力な実験手段となる。
常次宏一 物性研究所 物性理論 tsune@issp.u-tokyo.ac.jp 強相関電子系の理論。遷移金属や希土類、アクチノイド元素の化合物の電子状態、磁性、超伝導、輸送現象などの理論的研究。電子間相互作用、電子のスピンと軌道自由度の相互作用、電子格子相互作用によって出現する新しい量子秩序状態の探求。
徳永将史 物性研究所 強磁場物理学 tokunaga@issp.u-tokyo.ac.jp (@を半角に変えて下さい) 強相関電子系を中心にスピン自由度が格子、電荷、軌道、電気分極などの自由度と結合した系における磁場誘起相転移を研究する。強磁場による結晶の対称性変化や、電気分極などの精密制御を行い、多自由度結合系の根源的理解を目指す。そのためパルス磁場下における高速イメージングや各種熱力学量の精密測定など世界に先駆けた測定手法の開発を、物性研究所の金道研究室と連携して展開する。
野口博司 物性研究所 ソフトマター、生物物理 noguchi at issp.u-tokyo.ac.jp 計算機シミュレーション、理論を用いてソフトマター、生物物理を研究する。特にナノから、マイクロメートルにわたる生体膜のダイナミクス。例えば、毛細血管中を変形しながら流れる赤血球の運動を解明する。また、細胞内の物質輸送などの基礎過程である生体膜の融合・分裂過程を解明する。流体力学計算手法、粗視化分子模型などの手法の開発、改良も行う。
松田巌 物性研究所 光物性物理、表面物性物理 imatsuda@issp.u-tokyo.ac.jp 高輝度放射光及びX線自由電子レーザーを用いた新しいX線分光法を開発し、単原子層及び表面/界面系を対象に新奇量子物性や物質の機能性を研究する。ディラック電子系を成す新規Xene(ボロフェンなど)や2次元金属化合物シートなどを合成し、キャリアやスピンのダイナミクスを追跡している。また原子層触媒で進行する表面化学反応についても軟X線オペランド分光法で直接計測し、化学物理の視点から反応機構の解明にも取り組んでいる。包括的な教育を目指し、X線だけでなく陽電子などの量子ビームの協奏的研究も推進している。
松永 隆佑 物性研究所 テラヘルツ-中赤外域の固体中極端非線形光学 matsunaga@issp.u-tokyo.ac.jp 光と物質の相互作用に興味を持ち、特に可視光よりもエネルギーの低いテラヘルツから中赤外領域の応答に注目して、多体系の素励起と協同現象や新奇物質が示す光機能性を明らかにしていきます。最先端コヒーレント光源の開発とともに、高強度の高速光電場によって引き起こされる固体中極端非線形光学と非平衡現象を調べています。
山室修 物性研究所 化学物理, ソフトマター yamamuro@issp.u-tokyo.ac.jp 中性子散乱、X線回折、熱測定、誘電率(伝導度)、粘弾性測定などを実験手段とした複雑凝縮系の化学物理の研究。具体的には、ガラス、過冷却液体、水、クラスレート化合物、イオン液体、水素伝導体、単分子磁石などを対象としている。「構造」、「ダイナミクス」、「熱力学」の3視点から複雑な現象・物質に 内在する本質(単純な原理)を明らかにしようとしている。
和達大樹 物性研究所 強相関電子系・放射光科学 wadati.at.issp.u-tokyo.ac.jp 放射光光源、X線自由電子レーザー(XFEL)、実験室光源を用いたX線散乱、光電子分光、X線吸収分光。特に、新しい実験手法である共鳴軟X線散乱を、遷移金属酸化物のバルク試料、薄膜試料に対して適用する。国内のみでなく海外の放射光やXFELの施設も利用する予定である。多重項クラスターモデル計算、バンド構造計算などによる実験データの理論的な解析にも重点を置く。
羽田野直道 生産技術研究所 物性基礎論・統計物理学 hatano アットマーク iis.u-tokyo.ac.jp 統計物理学・物性基礎論を中心に理論的に研究しています。古典や量子、平衡や非平衡、いずれも守備範囲です。現在の具体的なテーマは(1)開放量子系の非エルミート量子力学による共鳴伝導の研究、(2)リウビル・フォン=ノイマン演算子の複素固有値問題、(3)量子版非平衡揺らぎの定理、(4)複雑ネットワークの解析など、多岐にわたります。

進学を希望される方は、是非、研究室へ見学にお越し下さい。連絡は羽田野まで。

半場藤弘 生産技術研究所 流体物理学 hamba@iis.u-tokyo.ac.jp 流体物理学:非一様乱流の物理とモデリング。平均場に対する乱流の効果は渦粘性率などの輸送係数を用いてモデル化される。乱流の統計理論を用いて乱流モデルを導出し、数値シミュレーションによって乱流の機構の解析やモデルの検証を行っている。特にハイブリッド乱流モデルの研究、乱流の非局所的な渦粘性や渦拡散の解析、回転・旋回乱流の解析とモデリング、電磁流体乱流のダイナモ機構のモデリングと天体磁場への応用など。
豊島 近 分子細胞生物学研究所 生物物理学(構造生物学) ct@iam.u-tokyo.ac.jp X線・電子線結晶解析による膜蛋白質の立体構造解析と計算機シミュレーション。現在の主要課題はカルシウムイオンのポンプであるカルシウムATPaseの原子構造を種々の生理的状態に対し決定し、さらに分子動力学計算によって中間体の間をつないで、濃度勾配に逆らう輸送のメカニズムを構造から明らかにすること。ごく近い将来に原子レベルでの完全な理解が可能になると期待できる。
江尻 晶 新領域創成科学研究科 プラズマ物理学 ejiri@k.u-tokyo.ac.jp プラズマ物理。プラズマは、大自由度、非線形、非平衡で特徴づけられる。これらから生じる物理を明らかにするために、プラズマで観測される揺らぎに焦点を当てた研究を行っている。当研究室は高瀬教授とともに、TST-2球状トカマク装置(東大)を用いて実験を行っている。さらに、CHS装置(核融合研)、JFT-2M装置(原研)との共同研究も行っている。
岡田真人 新領域創成科学研究科 理論脳科学,物性基礎論 okada@edu.k.u-tokyo.ac.jp ランダムスピン系の統計力学や,ベイズ推定と統計力学の数学的等価性に基づく情報統計力学を展開している.情報統計力学と非線形動力学にもとづき,視覚と記憶の脳の機能を解明し,そこで得られた知見を人工知能の新たな設計原理につなげる脳型人工知能の研究を行っている.情報統計力学と非線形動力学にもとづき,高次元データから科学的知見を効率的に抽出するための方法論を構築することを目指して「データ駆動科学」を推進し,物性物理学に情報科学を導入したマテリアルズインフォマティクスの研究も行っている.
高瀬雄一 新領域創成科学研究科 プラズマ物理・核融合 takase@phys.s.u-tokyo.ac.jp プラズマは荷電粒子の集合体であり、非線形複雑系の典型例である。高温プラズマでは散逸が小さいので、熱平衡から遠い状態にある。また非線形性が顕著に現われ、それが発展して乱流状態が形成され、これらを介して複数の状態間で遷移を起こし、自ら構造を形成していく。高温プラズマは核融合発電に応用できるが、その実現はプラズマの振る舞いの物理的理解および制御にかかっている。本研究室では、TST-2球状トカマク装置のほか、国内外の大型核融合装置も使って高温プラズマ中の波動現象、不安定性、乱流等の研究を行っている。
能瀬聡直 新領域創成科学研究科 生物物理学 nose at phys.s.u-tokyo.ac.jp 脳神経系の生物物理。神経回路の作動原理を神経配線や活動様式に基づき細胞レベルで理解することを目標とし、モデル動物を用いた研究を行う。光制御による神経活動操作、カルシウムイメージングやパッチクランプ法による神経活動測定、コネクトーム解析(電子顕微鏡画像再構築よる神経配線解析)などを総合的に適用することで、神経細胞間の入出力関係を実験的に明らかし、神経回路による情報処理の仕組みを探る。
新井宗仁 総合文化研究科 生物物理学 arai@bio.c.u-tokyo.ac.jp タンパク質の物性物理と分子設計
(1) タンパク質の物性物理: タンパク質のフォールディング反応と機能発現のダイナミクスを、NMR法などによる実験的アプローチと、シミュレーションや統計物理学などによる理論的アプローチの両面から解明し、タンパク質の設計原理を明らかにする。
(2) タンパク質の分子設計: 進化分子工学や理論的分子設計法を用いて、産業や医療に役立つタンパク質を新規創製する。
加藤光裕 総合文化研究科 素粒子論・弦理論・場の理論 弦理論にもとづく素粒子の統一理論・量子的時空構造の研究。
超対称格子ゲージ理論など量子場の理論の非摂動的解析。
http://hep1.c.u-tokyo.ac.jp/
[注意:大学院生は、所属部局(総合文化研究科広域科学専攻)からのみ受け入れている。]
加藤雄介 総合文化研究科 物性理論 yusuke@phys.c.u-tokyo.ac.jp 専門は物性理論、とくに超伝導量子渦、超流動、超固体、キラル磁性体
金子邦彦 総合文化研究科 複雑系生命科学、普遍生物学、非線形動力学 生命システムがみたすべき普遍的論理を、統計物理、力学系理論のウィングを広げながら、解明する、特に、部分(ミクロ)からなる全体(マクロ)が決まらないと
部分の性質が決まらない「複雑系」の視点をふまえて、複製、適応、発生、分化、進化などの普遍法則を探り出す。一方で、大自由度力学系の中に、生命らしい性質や認知過程の基盤がいかにして宿るかにも興味がある。
酒井邦嘉 総合文化研究科 言語脳科学・脳機能イメージング kuni@mind.c.u-tokyo.ac.jp 核磁気共鳴現象に基づくMRI(磁気共鳴映像法)や、SQUID(超伝導干渉計)を用いたMEG(脳磁図)などの先端的物理計測技術による脳機能の解析。特に、自然言語の文法性や普遍性・生得性といった高次脳機能を明らかにするための研究を行う。
清水 明 総合文化研究科 量子物理学、物性基礎論 shmz(remove this part)@as2.c.u-tokyo.ac.jp 量子物理学・物性基礎論:
開いた多体量子系の物理、ミクロ量子系からマクロ量子系へのつながり、量子測定に伴う測定誤差と反作用、量子系の操作などの原理的限界、及び、これら相互の関連など、基礎的・原理的問題を、具体例を考えながら考察する。
詳しくは、http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/
陶山 明 総合文化研究科 生物物理学、ゲノム情報科学 suyama@dna.c.u-tokyo.ac.jp 分子コンピューターとしての生命体の仕組みを生物物理学的に解明するとともに、その生物工学的応用を試みる。進行中の研究課題: DNAコンピューターおよび自律型分子コンピューターの開発とそれらの数学的および生物学的問題への適用。分子動力学計算を用いたタンパク質フォールディング機構の解明。細胞分化に関連する遺伝子ネットワークの構造とダイナミクスおよびゲノムの構造と進化に関する研究。
鳥井寿夫 総合文化研究科 原子物理学・量子光学 ytorii@phys.c.u-tokyo.ac.jp レーザー冷却を用いた量子縮退気体の研究。特に(1)極低温極性分子の生成および電子の電気双極子モーメント(eEDM)の探索。(2)原子集団の協調効果(ディッケの超放射)を利用した量子原子光学の研究。(3)原子コヒーレンスを用いた超狭線幅(〜1Hz)レーザーの開発および光格子時計への応用。
中川貴雄 宇宙航空研究開発機構 赤外線天体物理学 nakagawa@ir.isas.jaxa.jp 赤外線による天体観測、特にスペースから赤外線観測を主な手段として、様々な天体の起源と進化を探ることに取り組んでいる。具体的には、(1)銀河の誕生と
進化、(2)星・惑星系の形成を解明することを目的としている。2006年打上げの赤外線天文衛星「あかり」の観測データを中心として、「すばる」等の地上観測、ロケット実験による観測などを併用している。また上
記目的を達成するために、次世代赤外線天文衛星SPICAをターゲットにして、ユニークな観測機器の開発にも力を注いでいる。
満田和久 宇宙航空研究開発機構 高エネルギー宇宙物理学 mitsuda@astro.isas.jaxa.jp 宇宙物理学の実験的観測的研究.本研究室は宇宙がなぜかくあるかを,宇宙の構造形成の研究を縦糸に極低温観測技術を横糸に理解することを大きな目的とする.ASTRO-H衛星搭載SXS検出器の開発の中心メンバーであると同時に,インフレーション宇宙の実証をめざすLiteBIRD計画に参加.欧州の大型計画Athenaへの日本の参加を主導している.Athena以降をめざした極低温センサーの研究開発も行う.
山崎典子 宇宙航空研究開発機構 高エネルギー宇宙物理学 yamasaki _at_ astro.isas.jaxa.jp 高エネルギー宇宙物理学:主に人工衛星を用いた宇宙X線の観測、実験的研究を行っている。主な研究テーマは銀河に付随する高温ガス、銀河間物質や銀河団内部での高エネルギー現象など、構造形成のような宇宙の力学進化と化学進化の観測的研究。「すざく」「ひとみ」衛星による高温プラズマの観測を中心に、Athena, DIOSなどでの、超精密分光観測 の実現に取り組んでいる。またさらに将来の衛星搭載をめざした超精密分光能検出器(TESカロリメータおよび非抵抗型カロリメータ)の開発を行なっている。
後田 裕 高エネルギー加速器研究機構 素粒子物理学実験 (高エネルギー物理学) yutaka.ushiroda@kek.jp KEK(つくば)にある、KEKB加速器とその後継のSuperKEKB加速器による世界最高ルミノシティ電子・陽電子衝突により生成された(される)、B中間子、D中間子、タウなどの崩壊過程を精密に測定し、素粒子標準理論を超える新しい物理法則に従う現象の探索や、CP対称性の破れの研究などを行う。
データの質を改善するために、Belle II測定器はもちろん、加速器との境界領域にも踏み込んで、ホスト機関ならではの実践的な研究を広範に行う。
小沢恭一郎 高エネルギー加速器研究機構 高エネルギー原子核実験 ozawa@post.kek.jp 強い相互作用の非摂動論的側面の実験的研究:

1)高温・高密度状態でのハドロン物質とクォーク・グルーオン・プラズマ状態への相転移の研究。米国ブルックヘブン国立研究所の相対論的重イオン加速器を用いて研究を行っている。

2)ハドロン質量の獲得機構の研究。ハドロンがQCD真空との相互作用により動的に質量を得る機構を実験的に明らかにしていく。J-PARCで新たな検出器を開発し実験を行う。
小関 忠 高エネルギー加速器研究機構 高エネルギー加速器 tadashi.koseki@kek.jp 高エネルギー粒子加速器の研究。
特に世界最高レベルのビーム強度を持つ陽子加速器J-PARCにおける線形加速器とシンクロトロンのビーム力学的研究およびビーム強度の増強に向けた加速器構成機器の研究開発を行う。
齊藤直人 高エネルギー加速器研究機構 原子核・素粒子実験 naohito.saito(AT)kek.jp スピンで物質の起源・時空の対称性に迫る

素粒子の“スピン”に着目して、物質の起源の解明、標準模型の精密検証、さらに時空の対称性の研究を行っています。米国ブルックヘブン国立研究所では、世界で唯一の偏極陽子コライダーRHICを用いて陽子のスピン構造を研究しています。又、J-PARCに極冷ミューオンビームを創り、全く新しい手法によるミューオンの磁気及び電気双極子モーメントの測定を準備しています。この測定により、標準模型の検証、レプトンセクターでのCP非保存を探索することが出来ます。
 
筒井 泉 高エネルギー加速器研究機構 場の量子論・量子力学基礎論 izumi.tsutsui@kek.jp 量子力学の基礎に関する諸問題と、場の量子論における非摂動的効果の研究を行っている。近年の研究テーマは:
1)量子力学の基礎
* 量子測定と物理量(弱値・弱測定の基礎と応用)
* 素粒子物理における量子もつれと量子相関
2)ゲージ場の量子論とトポロジー
* トポロジーと量子化
* 非摂動的な場の配位(ソリトンなど)の物理
宮武宇也 高エネルギー加速器研究機構 原子核物理、天体核物理 hiroari.miyatake@kek.jp 短寿命な原子核を用いた原子核構造、核反応機構および学際的研究を進めている。最近の主なテーマは、(1)天体における元素合成過程において、特に鉄よりも重い元素の大半を生成した速い中性子捕獲過程の起源天体探索、(2)重イオンビームによる多核子移行反応機構の研究、(3)先のテーマを研究するための実験装置KEK Isotope Separation System (KISS)の開拓研究、(4)短寿命核を用いた物質中での拡散現象の解明
森松 治 高エネルギー加速器研究機構 ハドロン物理理論 osamu.morimatsu@kek.jp 本研究室においては、強い相互作用する系の本質を解明することを目的として、真空中や有限温度、有限密度におけるハドロンの性質、ハドロンの相互作用や核物質の性質をQCDとその有効理論に基いて研究しています。
Haozhao Liang 理化学研究所 原子核理論 haozhao.liang@riken.jp Our research mainly focuses on the nuclear many-body theories and the relevant interdisciplinary studies in nuclear physics, nuclear astrophysics, and particle physics.
Key topics include: nuclear density functional theory (DFT), structure of exotic nuclei, hidden symmetries in atomic nuclei, nuclear collective excitations, nuclear weak-interaction processes and r-process nucleosynthesis, etc.
石川顕一 工学系研究科等 光量子科学理論 ishiken@n.t.u-tokyo.ac.jp 高強度場光科学、アト秒科学:高強度レーザーの場における原子・分子のダイナミクスを、理論・シミュレーションによって研究しています。とくに、高次高調波発生やトンネル電離などの非摂動論的な非線形過程や、原子・分子中の電子のアト秒時間スケールの運動を、量子力学にもとづいた第一原理計算を駆使して研究しています。
吉岡孝高 工学系研究科等 レーザー物理学・光物性物理学 yoshioka@gono.phys.s.u-tokyo.ac.jp ミリケルビン領域に至る低温技術や、テラヘルツから軟X線にわたるコヒーレント光を用いたレーザー分光技術を駆使し、以下のような研究を例として物質科学と光科学の融合領域の研究を行う。(1)量子効果と多体効果に起因する新奇物質相の発現、特に励起子や電子正孔系の量子凝縮相と巨視的量子現象の解明 (2)光励起された多体電子系のレーザー光電子分光法による解明 (3) 自作フェムト秒光周波数コムやコヒーレント軟X線発生を用いた固体の超精密分光法の開発。なお、本研究室は湯本教授との協力体制のもとで運営される。
三尾 典克 フォトンサイエンス レーザー応用 mio@ipst.s.u-tokyo.ac.jp レーザーを使った応用研究。重力波検出、干渉計測、レーザー加工などなど
島野亮 低温センター 光物性物理 shimano at phys.s.u-tokyo.ac.jp レーザー光を用いた固体中の電子の集団に創発する量子現象の探求、未知の量子相の探求。マクロな量子状態の光制御、光による新たな量子相の創発を目標とする。対象物質は、超伝導体(銅酸化物高温超伝導体、鉄系超伝導体、金属超伝導体)、強相関電子系、半導体電子正孔系、ディラック電子系等多岐に亘る。このために、可視光の超短光パルスからテラヘルツ波周波数領域の電磁波パルスまで、広い光子エネルギー範囲の先端光源開発、超高速時間分解レーザー分光法などの観測技術の開発を並行して進めている。
村川智 低温センター 低温物理学、量子液体・固体 murakawa_@_crc.u-tokyo.ac.jp (_@_を半角@に換えてください) 超低温でヘリウムに現れる超流動を中心とした量子液体の研究。超低温で現れる超流動は量子統計性が物性を支配しているため、量子液体と呼ばれ、その中でも特に近年注目を集めている、トポロジカル超流動体である超流動ヘリウム3B相の表面に現れるマヨラナ状態の探求や、制限空間に閉じ込めた液体ヘリウム4に現れる局所的ボースアインシュタイン凝縮に取り組む。
高田昌広 数物連携宇宙研究機構 宇宙物理学・宇宙論 masahiro.takada@ipmu.jp カブリ数物連携宇宙研究機構では、すばる望遠鏡による大規模宇宙探査による宇宙論研究を推進している (http://www.ipmu.jp/ja)。

私の研究テーマは、これらすばる銀河サーベイで可能になる実験的精密宇宙論の探求:1)宇宙構造の重力レンズ効果の精密測定により、ダークマター、ダークエネルギーの性質の探求。2)銀河クラスタリング統計量によるニュートリノ質量の制限。3)宇宙論スケールにおける重力理論の検証、また宇宙構造形成モデルの検証。
高橋忠幸 数物連携宇宙研究機構 高エネルギ-宇宙物理学 tadayuki.takahashi@ipmu.jp 宇宙X線、ガンマ線の観測を通じた宇宙の高エネルギー現象の研究。特に、活動銀河核ジェット、超新星残骸での粒子加速に伴う現象、巨大ブラックホールの近傍でのX線、ガンマ線放射の研究。フェルミガンマ線衛星、H.E.S.SチェレンコフTeV望遠鏡、X線衛星などを用いた観測的宇宙物理学研究を実施している。現在、太陽を対象とした硬X線撮像国際共同ロケット実験を実施中。将来衛星計画のために、半導体技術、VLSI技術を駆使した新しいガンマ線検出器の開発と素粒子・原子核実験、さらには核医学への応用を行なっている。
立川裕二 数物連携宇宙研究機構 場の量子論及弦理論 yuji.tachikawa@ipmu.jp 素粒子の世界を記述する場の量子論は、強結合領域でいろいろな面白い性質を示しますが、超対称性というボゾンとフェルミオンを入れ替える対称性があると、この強結合領域が紙と鉛筆とすこしの計算機で理論的に調べることができ、それを主な研究対象にしています。超対称場の理論はまた超弦理論に埋め込むことによってより良く理解できるので、関連する超弦理論の研究も行っています。その過程で数学のいろいろな概念が自然に現れるのも興味深い点です。
堀 健太朗 数物連携宇宙研究機構 素粒子論、弦理論 kentaro.hori-atmark-ipmu.jp 電磁双対性やミラー対称性など場の理論に現れる双対性の発見・理解・応用、超弦理論におけるブレーンやオリエンティフォールドの構造・性質、などを中心とした研究をしています。数学と相互作用しながら発展させて行くこともあります。
村山 斉 数物連携宇宙研究機構 素粒子論、初期宇宙論 hitoshi.murayama@ipmu.jp 超対称性現象論、素粒子宇宙物理学、量子場の理論、陽電子・電子リニアコライダーにおける素粒子物理学、衝突型加速器物理学、ニュートリノ物理学
渡利泰山 数物連携宇宙研究機構 素粒子物理理論 taizan.watari _at_ ipmu.jp 数物連携宇宙研究機構 (IPMU) では、素粒子理論を専攻する大学院生を A1 サブコースから受け入れています(他にA5とA8)。研究所の情報は、http://www.ipmu.jp/ja から辿れます。

('18年記) 私自身がこのところ興味を持っているのは、弦理論の双対性、弦理論を通してみる数学、そして弦理論の物理応用(ハドロン散乱、統一理論、初期宇宙など)といったテーマです。

「*」の印がついている教員は、
理学系研究科(修士課程)の大学院生を取りません。


「#」の印がついている教員は、
理学系研究科(博士課程)の大学院生を取りません。


「!」の印がついている教員は、
特記事項があります。